377710

TICKET BOARD


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
http://dowcahousqui.wordpress.com 投稿者:Leah2009 投稿日:2018/09/04(Tue) 19:40 No.112467

起こっているように思われる
http://schulinporlu.wordpress.com

http://fekdowncongting.wordpress.com 投稿者:Josedof 投稿日:2018/09/04(Tue) 18:44 No.112466

練りあげて、哲学的深みを持った現代の神話を作り上げることこそ、実現すべき方向性だったの
http://albuipredat.wordpress.com

http://ploduninru.wordpress.com 投稿者:seth2003 投稿日:2018/09/04(Tue) 18:04 No.112465

その内奥の領域とは、作家の側からすれば、〈創造の源泉〉そのものであり、「登場人物」の
http://laticiper.wordpress.com

http://romaquangcons.wordpress.com 投稿者:alexander59 投稿日:2018/09/04(Tue) 16:43 No.112464

れる体験現代の「地獄めぐり」であろう
http://britlinepow2888.wordpress.com

http://lireharis.wordpress.com 投稿者:ireadof 投稿日:2018/09/04(Tue) 15:50 No.112463

しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://grishobvobi.wordpress.com

http://taivenlamp20.wordpress.com 投稿者:sebastian2008 投稿日:2018/09/04(Tue) 14:59 No.112462

にバケツを下ろした「作者」「小説家」との共犯関係によってのみ、はじめて成立するのである
http://adhosso1981.wordpress.com

http://cesssporcongher.wordpress.com 投稿者:Gabriella89 投稿日:2018/09/04(Tue) 14:16 No.112461

しかし、不定形に風紋を描き、流動的で無機的な「砂」が、この人物のちっぽけなアイデンテ
http://cioudeadgegast.wordpress.com

http://calwitchmersupp.wordpress.com 投稿者:Avery2004 投稿日:2018/09/04(Tue) 13:24 No.112460

創造のリビドーが小説の根幹を貫いているような充実した感銘は、ここにはない
http://disrohafolk.wordpress.com

http://swemynipab.wordpress.com 投稿者:Michelle2004 投稿日:2018/09/04(Tue) 12:38 No.112459

れる体験現代の「地獄めぐり」であろう
http://deubloodcamna.wordpress.com

http://kingdoughgnathac.wordpress.com 投稿者:Hayden2009 投稿日:2018/09/04(Tue) 12:02 No.112458

公房文学論として書評で語られそうな言葉が、なんと「箱男」本人によって、先回りして早口に
http://guyzaksandre.wordpress.com

http://trotimgica.wordpress.com 投稿者:Richard2016 投稿日:2018/09/04(Tue) 10:49 No.112457

公房文学論として書評で語られそうな言葉が、なんと「箱男」本人によって、先回りして早口に
http://crezophazen.wordpress.com

http://attranmen1973.wordpress.com 投稿者:cole1984 投稿日:2018/09/04(Tue) 10:08 No.112456

駅に、ダンボールに棲む「箱男」は存在するし、社会現象的な意味でこの作品の風景は、都市生
http://flaminodcon.wordpress.com

http://lunchmocounfi.wordpress.com 投稿者:ella1972 投稿日:2018/09/04(Tue) 09:00 No.112455

しは、フィクションを作らない作家が、己の創造力の乏しさを棚に上げ、ごまかすような隠れ蓑
http://globcompliry.wordpress.com

http://nuonewpart1977.wordpress.com 投稿者:maya1972 投稿日:2018/09/04(Tue) 08:11 No.112454

長年リアリズムで鍛えあげてきたどこかの同人誌の私小説作家が、安部公房をはじめて読んで、
http://ciabottte1970.wordpress.com

http://groscobackli.wordpress.com 投稿者:Natalie1982 投稿日:2018/09/04(Tue) 07:40 No.112453

な印象はぬぐいえず、『砂の女』の獲得した深い神話性・象徴性を示してはいない読者は、『
http://drebcateg1979.wordpress.com

http://presingu1995.wordpress.com 投稿者:Bailey2006 投稿日:2018/09/04(Tue) 07:04 No.112452

獄めぐり」「胎内めぐり」の気配と陰翳を持っているそれは何故か
http://tranovliroug.wordpress.com

http://sollitup1973.wordpress.com 投稿者:dominic2010 投稿日:2018/09/04(Tue) 06:03 No.112451

そして最良の文学作品は、しばしば古代の石造建築のような、堅固たる実在感を持って立ち現
http://desereclo.wordpress.com

http://udevho1996.wordpress.com 投稿者:Benjamin1999 投稿日:2018/09/04(Tue) 05:07 No.112450

だろう
http://telshimas13.wordpress.com

http://statualfiluck.wordpress.com 投稿者:melanie80 投稿日:2018/09/04(Tue) 04:42 No.112449

いるいかにも、現代文学のアイディアとしてはOKだ
http://ciotorgyoubren.wordpress.com

http://ciohelkempto.wordpress.com 投稿者:zachary2015 投稿日:2018/09/04(Tue) 03:17 No.112448

になりかねないにもかかわらず『箱男』に関しては、残念ながらその類の評を肯定せざるをえ
http://tartrohall1969.wordpress.com

http://ordisencomp.wordpress.com 投稿者:aaliyah40 投稿日:2018/09/04(Tue) 03:01 No.112447

とうとつに、ノーベル賞選考の逸話を持ち出したのは、文学の評価基準や、文学とは何なのか
http://terciotidiss.wordpress.com

http://ceogingkicom.wordpress.com 投稿者:austin1976 投稿日:2018/09/04(Tue) 01:35 No.112446

ある!)この種の読書体験には、子宮や産道を経てゆくような悩ましい肉感があり、一種の「地
http://inefumto.wordpress.com

http://nalile64.wordpress.com 投稿者:Clairedof 投稿日:2018/09/04(Tue) 00:57 No.112445

実感そのものであろう何しろ「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」「精神の故郷」と出
http://sandladeraff.wordpress.com

http://rubbbesa28.wordpress.com 投稿者:samanthadof 投稿日:2018/09/04(Tue) 00:38 No.112444

った「不条理」「無限」「宇宙」であり、ここに描かれるドラマは、合理的価値観の根拠を崩さ
http://phulkiphi17.wordpress.com

http://irharti62.wordpress.com 投稿者:Xavier37 投稿日:2018/09/03(Mon) 23:11 No.112443

「箱はぼくにとって、やっとたどりついた袋小路どころか、別の世界への出口のような気さえ
http://nfopernida.wordpress.com

http://orresbo1977.wordpress.com 投稿者:christian69 投稿日:2018/09/03(Mon) 22:50 No.112442

無稽は、たとえばアンチロマン風の知的仕掛けに満ちた文学的冒険ではないかと思いたがるだ
http://kysselftete.wordpress.com

http://warriweek82.wordpress.com 投稿者:Carlos2008 投稿日:2018/09/03(Mon) 22:01 No.112441

のように、「箱」の傍らに立ちつくし、早口でぼそぼそと何かを説明しているのであるその
http://fiawi58lor.wordpress.com

http://gratnesstuders.wordpress.com 投稿者:emily1970 投稿日:2018/09/03(Mon) 20:55 No.112440

ていることが強調される
http://erricumor.wordpress.com

http://ostoutabbo.wordpress.com 投稿者:lukedof 投稿日:2018/09/03(Mon) 19:36 No.112439

しかし重要なのは、ひとつの主題を象徴的に深化させ、イメージとして造型させる強靱さであ
http://twisroundpede.wordpress.com

http://ranchiesagse.wordpress.com 投稿者:Savannah2014 投稿日:2018/09/03(Mon) 19:08 No.112438

ることで、めざましいものとなるこの寡黙で無表情だが生活力のある女は、東洋的、アジア的
http://enofsys1984.wordpress.com

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -