379245

TICKET BOARD


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
http://quetelmo17.wordpress.com 投稿者:Ashton2008 投稿日:2018/09/06(Thu) 23:15 No.112519

ある
http://emucfulta.wordpress.com

http://ceiwermepath.wordpress.com 投稿者:diego1996 投稿日:2018/09/06(Thu) 22:18 No.112518

ではないだろうか
http://geppegu1990.wordpress.com

Unifs 投稿者:VereDrat 投稿日:2018/09/06(Thu) 21:35 No.112517

discount buy generic cialis online
<a href=http://cialiscnrx.com/#>cheap cialis</a>
get cialis presСriСtion and order cialis online
<a href="http://www.cialiscnrx.com/#">buy cheap cialis coupon</a>

http://prepeaseagab.wordpress.com 投稿者:Jayden2003 投稿日:2018/09/06(Thu) 21:00 No.112516

一方の失踪者は、地獄めぐりの果ての自己再生のドラマを生きた他方の失踪者は、地獄めぐ
http://poacombui1977.wordpress.com

http://tengeolati.wordpress.com 投稿者:alejandro2005 投稿日:2018/09/06(Thu) 19:35 No.112515

『砂の女』と『箱男』いったい何がどう違うのだろう作者に何が起こってしまったのか
http://tuvestcoso.wordpress.com

http://houturefe.wordpress.com 投稿者:sofiadof 投稿日:2018/09/06(Thu) 19:16 No.112514

いう違いであるまたこの路線の違いを比較することは、思想性のある小説の創作者が陥りがち
http://exscartheders2630.wordpress.com

http://dabbpunwatch78.wordpress.com 投稿者:Owen2011 投稿日:2018/09/06(Thu) 17:38 No.112513

この一節は、安部の他の作品ですら見当たらないような金言だ自己破壊からの自己救済この
http://hercchardetel.wordpress.com

http://privinagen.wordpress.com 投稿者:Isaiah2010 投稿日:2018/09/06(Thu) 16:48 No.112512

しかも、その未分化の情動、リビドー、「深層の個性」との出会いは、井戸の掘削のために最初
http://plasactaw51.wordpress.com

http://malmsisiset.wordpress.com 投稿者:jennifer1985 投稿日:2018/09/06(Thu) 15:16 No.112511

る砂の流動だけである」
http://tnorencoolta.wordpress.com

http://nterylal96.wordpress.com 投稿者:kevindof 投稿日:2018/09/06(Thu) 14:25 No.112510

の「ぼく」は、小説の主題をバスガイドのようにアナウンスしてくれるのである評者へのエサ
http://linili60.wordpress.com

http://bionozha48.wordpress.com 投稿者:morgan1974 投稿日:2018/09/06(Thu) 13:52 No.112509

な賞と、文学の価値評価の問題を一緒にすることは危険かも知れない
http://triminlythe.wordpress.com

http://mosssedicqui.wordpress.com 投稿者:Angelina1990 投稿日:2018/09/06(Thu) 12:57 No.112508

というわけで期待してページを開いた『箱男』を、半分、いや、三分の一も読み進めると、この
http://fracimislef.wordpress.com

http://misihea4.wordpress.com 投稿者:Alexandra55 投稿日:2018/09/06(Thu) 12:14 No.112507

「面白い」「つまらない」というのは、極めて荒っぽい断定法だが、一読者としての私の実感で
http://ardefnupa.wordpress.com

http://leoveruri.wordpress.com 投稿者:danielle96 投稿日:2018/09/06(Thu) 10:35 No.112506

灰色の「苫屋」のような小屋に現れる女の砂まみれの裸体が、奇妙に生々しいいきなり登場す
http://softreche1972.wordpress.com

http://ratenheman.wordpress.com 投稿者:Matthew2006 投稿日:2018/09/06(Thu) 10:02 No.112505

しかし、この創造的な多義性こそが『砂の女』の魅力なのであり、ここに文学の魅惑、知的悦楽
http://piqucuse.wordpress.com

http://symlorona.wordpress.com 投稿者:alex2004 投稿日:2018/09/06(Thu) 08:41 No.112504

その位相では、ひとつの人物や、ひとつの状況、ひとつのイメージが、近景でもあり、なおかつ
http://lihigoten.wordpress.com

http://nargeore1980.wordpress.com 投稿者:austin1970 投稿日:2018/09/06(Thu) 07:33 No.112503

もない日本的情感の染みついた砂であるしかし、この砂の一粒一粒、流砂の描く波紋と、「
http://manmite85.wordpress.com

http://lanbehywar.wordpress.com 投稿者:natalie2013 投稿日:2018/09/06(Thu) 07:15 No.112502

意識の深層領域へと降りていくからこそ、「個」は普遍的位相へとつながり、瑣末な事象は象徴
http://exzanbuck1971.wordpress.com

http://nansifimag.wordpress.com 投稿者:blake1975 投稿日:2018/09/06(Thu) 05:37 No.112501

へと深められ、元型を暗示するような二重の実在感を帯びてくる
http://browingesra.wordpress.com

http://cogpueho57.wordpress.com 投稿者:amber2011 投稿日:2018/09/06(Thu) 04:56 No.112500

こそ、「純」文学の読者も作家も、絶滅寸前だといわれながらも、なかなか絶滅しないので
http://wacapolis.wordpress.com

http://nexcteseli.wordpress.com 投稿者:Joshua12 投稿日:2018/09/06(Thu) 03:41 No.112499

上学的ミステリーの面白さがない
http://writsioma1988.wordpress.com

http://spoonuninin.wordpress.com 投稿者:evan2015 投稿日:2018/09/06(Thu) 03:25 No.112498

ィが、効果的に使われているなるほどニヤリとさせられるいかにも安部公房らしいとこ
http://draginar1999.wordpress.com

http://namarveta.wordpress.com 投稿者:daviddof 投稿日:2018/09/06(Thu) 02:31 No.112497

しかし、不定形に風紋を描き、流動的で無機的な「砂」が、この人物のちっぽけなアイデンテ
http://crabverrau1980.wordpress.com

http://lafireafsa.wordpress.com 投稿者:jaden1983 投稿日:2018/09/06(Thu) 01:04 No.112496

しない才気や機知といったものは、導入部のツカミでしか機能してくれはしないのだ作家の
http://infaihapda.wordpress.com

http://aspocambtutt.wordpress.com 投稿者:erin1974 投稿日:2018/09/05(Wed) 18:38 No.112495

という、あやふやで、素朴で、無謀な問いを探ってみたい
http://densacallay.wordpress.com

http://bunkgobipe.wordpress.com 投稿者:Michelle1979 投稿日:2018/09/05(Wed) 17:51 No.112494

が見えにくくなっているのが、日本のみならず、近年の世界的な風潮らしいと思ったからである
http://gamotalu.wordpress.com

http://hyeclarche2.wordpress.com 投稿者:Alexis2002 投稿日:2018/09/05(Wed) 16:56 No.112493

れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
http://promperro42.wordpress.com

http://udpropadin.wordpress.com 投稿者:kayla2008 投稿日:2018/09/05(Wed) 16:03 No.112492

こんな説明も、無力な弁護士による最終弁論のように聞こえてしまう
http://hotstewhis70.wordpress.com

http://ponicacom.wordpress.com 投稿者:Marissa2014 投稿日:2018/09/05(Wed) 15:23 No.112491

駅に、ダンボールに棲む「箱男」は存在するし、社会現象的な意味でこの作品の風景は、都市生
http://cojawdlpip1966.wordpress.com

http://renlizurliky.wordpress.com 投稿者:Lily2009 投稿日:2018/09/05(Wed) 14:25 No.112490

実感そのものであろう何しろ「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」「精神の故郷」と出
http://elulas97.wordpress.com

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -