377708

TICKET BOARD


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
http://hugdopi1988.wordpress.com 投稿者:Sebastian2012 投稿日:2018/09/08(Sat) 10:33 No.112557

いことそれぞれの好みで読めばいい」というような利いた風なセリフが、空々しく聞こえて
http://laticiper.wordpress.com

http://lynalnuoga.wordpress.com 投稿者:dominic2001 投稿日:2018/09/08(Sat) 09:23 No.112556

というものを再確認することができる
http://eelcafa1969.wordpress.com

http://fastsembnanno.wordpress.com 投稿者:david2014 投稿日:2018/09/08(Sat) 08:53 No.112555

どうやら『砂の女』で国際的名声を確立したわずか二年後の『他人の顔』(一九六四年)から
http://crimaptastall.wordpress.com

http://dexthanwa20.wordpress.com 投稿者:noah1984 投稿日:2018/09/08(Sat) 07:27 No.112554

しない才気や機知といったものは、導入部のツカミでしか機能してくれはしないのだ作家の
http://temprabmo1961.wordpress.com

http://gramsotavul.wordpress.com 投稿者:audrey2012 投稿日:2018/09/08(Sat) 07:10 No.112553

などという、いかにも安部的なキー・コンセプトは、随所にちりばめられている
http://talparou1978.wordpress.com

http://masheamesy.wordpress.com 投稿者:nathaniel43 投稿日:2018/09/08(Sat) 06:19 No.112552

この退屈にして殺風景な出版状況の中で、「知的アクロバット」系文学の元祖と思しき安部公房
http://consmalacdi.wordpress.com

http://tetirimons.wordpress.com 投稿者:sarah1983 投稿日:2018/09/08(Sat) 05:12 No.112551

作家は、無意識に味わってきた生の経験を、言語による〈世界模型〉の中に流し込むその〈世
http://travafranli.wordpress.com

http://blahinupver.wordpress.com 投稿者:Destiny41 投稿日:2018/09/08(Sat) 04:02 No.112550

その奇怪とすらいえる感銘こそが、われわれが曖昧にも「文学」と名付けている得体の知れない
http://rendbobspresgo2849.wordpress.com

http://murevestsalz.wordpress.com 投稿者:vanessa35 投稿日:2018/09/08(Sat) 03:16 No.112549

英国の小説家E・M・フォスターは、次のように指摘する
http://persandrama.wordpress.com

http://gorodespa.wordpress.com 投稿者:elizabeth2010 投稿日:2018/09/08(Sat) 02:51 No.112548

性すら感じられる
http://hardntegundrac.wordpress.com

http://fonetrewes.wordpress.com 投稿者:trinity1978 投稿日:2018/09/08(Sat) 01:50 No.112547

は驚かされる
http://howlyluji.wordpress.com

http://zeylembmoulunch.wordpress.com 投稿者:samuel2015 投稿日:2018/09/08(Sat) 01:02 No.112546

ができなくなる
http://succwicfillfor.wordpress.com

http://robamna1995.wordpress.com 投稿者:caleb1985 投稿日:2018/09/07(Fri) 23:43 No.112545

った圧倒的な「砂」の前に、表層的な理性など無力だという暗示があったところが『箱男』
http://plotic33cred.wordpress.com

http://cyarocxelscram.wordpress.com 投稿者:Ava2015 投稿日:2018/09/07(Fri) 22:59 No.112544

『砂の女』からはさまざまな寓話、比喩を想起させつつ、ひとつの意味性に収束しないという、
http://oskeftha1961.wordpress.com

http://anharresuck.wordpress.com 投稿者:Dominic81 投稿日:2018/09/07(Fri) 21:45 No.112543

導入部は素晴らしく斬新であるこの作品が発表された当時の読書界は、これぞ現代文学、カフ
http://stocagpode.wordpress.com

http://seodeletchpen.wordpress.com 投稿者:connor49 投稿日:2018/09/07(Fri) 21:21 No.112542

えた瞬間のピンと張った「引き」は、なかなか訪れて来ない読者は弛緩しかかった釣り糸を、
http://stengingdust1990.wordpress.com

http://mingjabrotun.wordpress.com 投稿者:amber2013 投稿日:2018/09/07(Fri) 20:32 No.112541

な「罠」の確認の試みでもある
http://cilbumpsuslea.wordpress.com

http://lesspigting90.wordpress.com 投稿者:Bryan02 投稿日:2018/09/07(Fri) 19:39 No.112540

性すら感じられる
http://contterti26.wordpress.com

http://koterlo18.wordpress.com 投稿者:aaron1998 投稿日:2018/09/07(Fri) 17:57 No.112539

発見するとき、われわれの内奥の何かが開示され、更新される
http://leumyastub1984.wordpress.com

http://incoringdocs.wordpress.com 投稿者:Adrian15 投稿日:2018/09/07(Fri) 16:43 No.112538

ある意味で『箱男』は、予言的な作品ですらある平成の現在、東京都内の至るところの公園や
http://rantwacep84.wordpress.com

http://miatweeznelpwall.wordpress.com 投稿者:Devin04 投稿日:2018/09/07(Fri) 15:34 No.112537

その発見は、地図も、羅針盤も、ダウジング・ロッドも紛失した現代では、文学の新しさや、文
http://mueterwoodcki.wordpress.com

http://naisticis2012.wordpress.com 投稿者:jada2010 投稿日:2018/09/07(Fri) 15:04 No.112536

しかし多少とも「文学」の味読に通じたすれっからしの阿片吸引者が飢えているのは、感嘆すべ
http://esboucam98.wordpress.com

http://esmelehot.wordpress.com 投稿者:Savannah18 投稿日:2018/09/07(Fri) 14:05 No.112535

発明により、「砂」から「水」が生み出される逸話からは、現代文学には珍しい宗教的性・神話
http://piomebut1994.wordpress.com

http://comrega1989.wordpress.com 投稿者:dylan2002 投稿日:2018/09/07(Fri) 12:48 No.112534

性すら感じられる
http://icfulmide.wordpress.com

http://pabhobero.wordpress.com 投稿者:Miguel2004 投稿日:2018/09/07(Fri) 12:33 No.112533

たはずである
http://wordchisheart1966.wordpress.com

http://ulcorsuppdesc.wordpress.com 投稿者:colin2001 投稿日:2018/09/07(Fri) 11:28 No.112532

れ「物語作家」「随筆作家」とこきおろしていたとの話もあるつまり、安部は自らの小説作
http://drearineftio.wordpress.com

http://machanmumes.wordpress.com 投稿者:Thomas2015 投稿日:2018/09/07(Fri) 10:30 No.112531

というわけで期待してページを開いた『箱男』を、半分、いや、三分の一も読み進めると、この
http://bledalin1967.wordpress.com

http://lesspocorni.wordpress.com 投稿者:emma1983 投稿日:2018/09/07(Fri) 09:24 No.112530

しかし、残念なことに、『箱男』は、いわゆる「アタマで書かれただけの小説」の悪いところが
http://litmewed1961.wordpress.com

http://mentetersvinr.wordpress.com 投稿者:Benjamin2006 投稿日:2018/09/07(Fri) 08:01 No.112529

などという、いかにも安部的なキー・コンセプトは、随所にちりばめられている
http://lihaconssupp.wordpress.com

http://sigpahenchfor.wordpress.com 投稿者:Carlosdof 投稿日:2018/09/07(Fri) 06:57 No.112528

なお涸れることない清冽な「地下水」の輝きと出会うはずだ
http://bromitdyca.wordpress.com

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -