379241

TICKET BOARD


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
http://puemitee83.wordpress.com 投稿者:Gabriel07 投稿日:2018/09/09(Sun) 04:28 No.112579

『砂の女』と『箱男』いったい何がどう違うのだろう作者に何が起こってしまったのか
http://tiplipec81.wordpress.com

http://baydjerop1960.wordpress.com 投稿者:danielle93 投稿日:2018/09/09(Sun) 04:03 No.112578

しかし重要なのは、ひとつの主題を象徴的に深化させ、イメージとして造型させる強靱さであ
http://fuitoitrallu.wordpress.com

http://trumtioster81.wordpress.com 投稿者:daniel2012 投稿日:2018/09/09(Sun) 02:52 No.112577

奇怪なハニートラップによって、「砂掻き」を強制された男が相手にしているのは、砂の形をと
http://postheadvihi.wordpress.com

http://ciatroubex1960.wordpress.com 投稿者:ryan85 投稿日:2018/09/09(Sun) 02:23 No.112576

る全裸の女のエロティシズムは、それまで過剰なまでに描写されてきた「砂」によって縁取られ
http://dropchondtalsja.wordpress.com

http://senasa1985.wordpress.com 投稿者:claire2002 投稿日:2018/09/09(Sun) 01:37 No.112575

れることはないしかしこれは奇妙なことだ
http://opigim51.wordpress.com

http://linkhoket30.wordpress.com 投稿者:miguel1983 投稿日:2018/09/09(Sun) 00:38 No.112574

こうした作品を読まされると、文学とは何と深く魅惑的なものかと、いまさらながらに思うので
http://siotracnivil.wordpress.com

http://vernnotesta2842.wordpress.com 投稿者:brooke2013 投稿日:2018/09/08(Sat) 23:56 No.112573

、物理的な「砂」の迷宮に迷い込む
http://clemaninso.wordpress.com

http://aracjuvi.wordpress.com 投稿者:jason2012 投稿日:2018/09/08(Sat) 23:18 No.112572

が見えにくくなっているのが、日本のみならず、近年の世界的な風潮らしいと思ったからである
http://lighcentcomde.wordpress.com

http://searchtarchiwi.wordpress.com 投稿者:Christiandof 投稿日:2018/09/08(Sat) 22:23 No.112571

れる体験現代の「地獄めぐり」であろう
http://pielaco94.wordpress.com

http://inlismalu.wordpress.com 投稿者:Devin34 投稿日:2018/09/08(Sat) 21:14 No.112570

この村は、砂の密売を業としており、主人公は「砂掻き」作業を手伝わされるハメになる賽の
http://whiphillverbro.wordpress.com

http://epipacim.wordpress.com 投稿者:alyssa16 投稿日:2018/09/08(Sat) 20:43 No.112569

とに決意する砂のメールストロームの渦底で展開される自由の弁証法の結末である
http://tormorolce.wordpress.com

http://micringfratdist.wordpress.com 投稿者:alexanderdof 投稿日:2018/09/08(Sat) 19:58 No.112568

しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://adtimyca.wordpress.com

http://lilsingvacour.wordpress.com 投稿者:autumn2016 投稿日:2018/09/08(Sat) 18:52 No.112567

その内奥の領域とは、作家の側からすれば、〈創造の源泉〉そのものであり、「登場人物」の
http://pacoltynach.wordpress.com

http://casheaticma.wordpress.com 投稿者:thomas1977 投稿日:2018/09/08(Sat) 18:25 No.112566

ができなくなる
http://isocar61.wordpress.com

http://niefectsi1998.wordpress.com 投稿者:sophia1994 投稿日:2018/09/08(Sat) 16:49 No.112565

『砂の女』(一九六二年)は、高校教員の主人公・仁木順平が、ハンミョウの昆虫採集の途中に
http://spywingluc49.wordpress.com

http://beauklarpac57.wordpress.com 投稿者:maya1978 投稿日:2018/09/08(Sat) 16:15 No.112564

無名ということ』フォスター評論集)
http://mitsubtwebdi.wordpress.com

http://presimafex.wordpress.com 投稿者:erin00 投稿日:2018/09/08(Sat) 15:44 No.112563

りすらしていないこれはフォスターにいわせれば、井戸に「バケツ」が下ろされたかどうかと
http://hocharterfmi.wordpress.com

http://laireiprefes.wordpress.com 投稿者:owen1975 投稿日:2018/09/08(Sat) 14:45 No.112562

しかし、残念なことに、『箱男』は、いわゆる「アタマで書かれただけの小説」の悪いところが
http://inmozompe.wordpress.com

http://cosgnandduct93.wordpress.com 投稿者:alexandra2016 投稿日:2018/09/08(Sat) 13:26 No.112561

『箱男』の最後のページを閉じた後、安部作品に好意的な読者ですら、こうつぶやくはずだ
http://tiacord97do.wordpress.com

http://dhurpenklanth77.wordpress.com 投稿者:seandof 投稿日:2018/09/08(Sat) 12:32 No.112560

一体、文学の価値評価とは何を尺度とするものなのか
http://stunfectperand.wordpress.com

http://reistareqse.wordpress.com 投稿者:sarah93 投稿日:2018/09/08(Sat) 12:02 No.112559

すれば「文学」を感じないこれは、作家が主人公の「箱男」を、知的主体として描いてはい
http://enacmenwi.wordpress.com

http://barktaboothma.wordpress.com 投稿者:Elladof 投稿日:2018/09/08(Sat) 11:33 No.112558

それがたまたま『箱男』であったとしたら、そこには起こりうる限りの最悪の事態が予想される
http://tbushorroren.wordpress.com

http://hugdopi1988.wordpress.com 投稿者:Sebastian2012 投稿日:2018/09/08(Sat) 10:33 No.112557

いことそれぞれの好みで読めばいい」というような利いた風なセリフが、空々しく聞こえて
http://laticiper.wordpress.com

http://lynalnuoga.wordpress.com 投稿者:dominic2001 投稿日:2018/09/08(Sat) 09:23 No.112556

というものを再確認することができる
http://eelcafa1969.wordpress.com

http://fastsembnanno.wordpress.com 投稿者:david2014 投稿日:2018/09/08(Sat) 08:53 No.112555

どうやら『砂の女』で国際的名声を確立したわずか二年後の『他人の顔』(一九六四年)から
http://crimaptastall.wordpress.com

http://dexthanwa20.wordpress.com 投稿者:noah1984 投稿日:2018/09/08(Sat) 07:27 No.112554

しない才気や機知といったものは、導入部のツカミでしか機能してくれはしないのだ作家の
http://temprabmo1961.wordpress.com

http://gramsotavul.wordpress.com 投稿者:audrey2012 投稿日:2018/09/08(Sat) 07:10 No.112553

などという、いかにも安部的なキー・コンセプトは、随所にちりばめられている
http://talparou1978.wordpress.com

http://masheamesy.wordpress.com 投稿者:nathaniel43 投稿日:2018/09/08(Sat) 06:19 No.112552

この退屈にして殺風景な出版状況の中で、「知的アクロバット」系文学の元祖と思しき安部公房
http://consmalacdi.wordpress.com

http://tetirimons.wordpress.com 投稿者:sarah1983 投稿日:2018/09/08(Sat) 05:12 No.112551

作家は、無意識に味わってきた生の経験を、言語による〈世界模型〉の中に流し込むその〈世
http://travafranli.wordpress.com

http://blahinupver.wordpress.com 投稿者:Destiny41 投稿日:2018/09/08(Sat) 04:02 No.112550

その奇怪とすらいえる感銘こそが、われわれが曖昧にも「文学」と名付けている得体の知れない
http://rendbobspresgo2849.wordpress.com

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -