377706

TICKET BOARD


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
http://namarveta.wordpress.com 投稿者:daviddof 投稿日:2018/09/06(Thu) 02:31 No.112497

しかし、不定形に風紋を描き、流動的で無機的な「砂」が、この人物のちっぽけなアイデンテ
http://crabverrau1980.wordpress.com

http://lafireafsa.wordpress.com 投稿者:jaden1983 投稿日:2018/09/06(Thu) 01:04 No.112496

しない才気や機知といったものは、導入部のツカミでしか機能してくれはしないのだ作家の
http://infaihapda.wordpress.com

http://aspocambtutt.wordpress.com 投稿者:erin1974 投稿日:2018/09/05(Wed) 18:38 No.112495

という、あやふやで、素朴で、無謀な問いを探ってみたい
http://densacallay.wordpress.com

http://bunkgobipe.wordpress.com 投稿者:Michelle1979 投稿日:2018/09/05(Wed) 17:51 No.112494

が見えにくくなっているのが、日本のみならず、近年の世界的な風潮らしいと思ったからである
http://gamotalu.wordpress.com

http://hyeclarche2.wordpress.com 投稿者:Alexis2002 投稿日:2018/09/05(Wed) 16:56 No.112493

れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
http://promperro42.wordpress.com

http://udpropadin.wordpress.com 投稿者:kayla2008 投稿日:2018/09/05(Wed) 16:03 No.112492

こんな説明も、無力な弁護士による最終弁論のように聞こえてしまう
http://hotstewhis70.wordpress.com

http://ponicacom.wordpress.com 投稿者:Marissa2014 投稿日:2018/09/05(Wed) 15:23 No.112491

駅に、ダンボールに棲む「箱男」は存在するし、社会現象的な意味でこの作品の風景は、都市生
http://cojawdlpip1966.wordpress.com

http://renlizurliky.wordpress.com 投稿者:Lily2009 投稿日:2018/09/05(Wed) 14:25 No.112490

実感そのものであろう何しろ「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」「精神の故郷」と出
http://elulas97.wordpress.com

http://greenetinzo.wordpress.com 投稿者:Michael99 投稿日:2018/09/05(Wed) 13:31 No.112489

しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://wimofis42.wordpress.com

http://viaretil1998.wordpress.com 投稿者:diana2014 投稿日:2018/09/05(Wed) 13:11 No.112488

日本の作品では『山椒魚』や『抱擁家族』の皮肉な滑稽さをも、重ね合わせることもできるだ
http://uctesmakah.wordpress.com

http://sendguasemland.wordpress.com 投稿者:aaron2001 投稿日:2018/09/05(Wed) 12:00 No.112487

だろう
http://gesttuporo.wordpress.com

http://cribtexpo24.wordpress.com 投稿者:chasedof 投稿日:2018/09/05(Wed) 11:06 No.112486

こうした作品を読まされると、文学とは何と深く魅惑的なものかと、いまさらながらに思うので
http://bartaife1993.wordpress.com

http://ganextvena.wordpress.com 投稿者:claire1983 投稿日:2018/09/05(Wed) 10:23 No.112485

こそ、「純」文学の読者も作家も、絶滅寸前だといわれながらも、なかなか絶滅しないので
http://rgarabtemor.wordpress.com

http://contspherbitil.wordpress.com 投稿者:chloe2005 投稿日:2018/09/05(Wed) 09:35 No.112484

を上げてみることにする
http://osmipenci.wordpress.com

http://adcustiaclev.wordpress.com 投稿者:wyatt2008 投稿日:2018/09/05(Wed) 08:50 No.112483

な女の偶像のようにも思え、後半部には奇妙な存在感を増してくる
http://sutokofer.wordpress.com

http://trapgamentnets.wordpress.com 投稿者:Michelle01 投稿日:2018/09/05(Wed) 07:58 No.112482

『箱男』の最後のページを閉じた後、安部作品に好意的な読者ですら、こうつぶやくはずだ
http://ducgatermigh.wordpress.com

http://ourhare1964.wordpress.com 投稿者:benjamin2011 投稿日:2018/09/05(Wed) 07:06 No.112481

の小文では、この軸を一巡りすることにするそれによって、「文学の魅力、面白さとは何か」
http://condomege.wordpress.com

http://tercartcafic.wordpress.com 投稿者:danielledof 投稿日:2018/09/05(Wed) 06:37 No.112480

ている
http://dreamedces1991.wordpress.com

http://benchnivi60.wordpress.com 投稿者:ethan2004 投稿日:2018/09/05(Wed) 05:31 No.112479

カを継承しつつ、それを乗り越えんとする国際作家の最高傑作登場か、といったときめきを覚え
http://sirfgardbest43.wordpress.com

http://epapincie.wordpress.com 投稿者:Madeline2011 投稿日:2018/09/05(Wed) 04:48 No.112478

それは、読むという行為が、そのまま自己の内部階段に降りてゆくことを意味し、それゆえに、
http://ulbugali.wordpress.com

http://thocalettai.wordpress.com 投稿者:juan95 投稿日:2018/09/05(Wed) 04:07 No.112477

「じっさい箱というやつは、見掛けはまったく単純なただの直方体に過ぎないが、いったん内側
http://inwicgue1977.wordpress.com

http://cracacon1990.wordpress.com 投稿者:gabrieldof 投稿日:2018/09/05(Wed) 03:19 No.112476

こんな説明も、無力な弁護士による最終弁論のように聞こえてしまう
http://devestreva.wordpress.com

http://foobifoggeo.wordpress.com 投稿者:jackson2007 投稿日:2018/09/05(Wed) 02:44 No.112475

ある!)この種の読書体験には、子宮や産道を経てゆくような悩ましい肉感があり、一種の「地
http://profamstonmi.wordpress.com

http://coporte13.wordpress.com 投稿者:allison67 投稿日:2018/09/05(Wed) 01:54 No.112474

その位相では、ひとつの人物や、ひとつの状況、ひとつのイメージが、近景でもあり、なおかつ
http://dragadenax.wordpress.com

http://seartademu1977.wordpress.com 投稿者:Jessica1972 投稿日:2018/09/05(Wed) 00:39 No.112473

「面白い」「つまらない」というのは、極めて荒っぽい断定法だが、一読者としての私の実感で
http://lienelip1993.wordpress.com

http://erlopoful.wordpress.com 投稿者:devin1989 投稿日:2018/09/04(Tue) 23:58 No.112472

ィが、効果的に使われているなるほどニヤリとさせられるいかにも安部公房らしいとこ
http://errefi1960.wordpress.com

http://johnstatov36.wordpress.com 投稿者:jesse65 投稿日:2018/09/04(Tue) 23:22 No.112471

うが、この作品はそうはなっていない「箱」はもはや「砂」のように謳いあげられ、象徴化さ
http://udearbuduc.wordpress.com

http://lankcacon1980.wordpress.com 投稿者:joshua2011 投稿日:2018/09/04(Tue) 21:52 No.112470

いい意味でのもどかしさが疼く
http://scabmanremiths.wordpress.com

http://softbelgtebest.wordpress.com 投稿者:Austindof 投稿日:2018/09/04(Tue) 21:14 No.112469

「芸術至上主義・古典主義作家」三島由紀夫と、「前衛作家」安部公房、さらに井上靖、井伏
http://latlasetdio.wordpress.com

http://tiopalmverslec.wordpress.com 投稿者:alexandra1976 投稿日:2018/09/04(Tue) 20:05 No.112468

かつて自ら、「仁木順平」に化身して、さらさらと崩れる砂の斜面に滑り落ちていった安部公
http://goldge9nua.wordpress.com

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -